リキッドアロマタイプ

リキッドアロマ、と呼ばれるタイプの液状のハーブもあります。
液状ですから、これは使う際に火を用いるということはありません。
Read the rest of this entry »

ハーブってどうして合法なのか

法律で規制をされていないだけ、という意味が、合法という言葉の示すものです。
合法、という名前がついているように、使用をすることも、所持も法律では禁じられていません。法によって縛られていない大麻ということが、ハーブを理解するために最も近いものでしょう。
Read the rest of this entry »

国内でのハーブ使用方法

日本の中では、ハーブはお香という名目で販売が行われています。薬事法によってハーブは、人体に摂取をする目的で販売をすることは禁止とされています。

間違った使い方

ハーブはいろいろな楽しみ方のために販売をされているものです。
そのために、使用をするときには正しい目的で使うという必要があります。
ですが、ハーブを間違った使い方をしてしまうという人も存在しています。
Read the rest of this entry »

効能について

ハーブの効能に関しては、抜けの早さ、効きの強さについて、ネットの情報などを参考にするのは良いことです。
ただし合法ハーブは使用する人のその日の体調、耐性などで効きの違いが大きいため、」ネットなどで調べられる情報は参考にしかなりません。
Read the rest of this entry »

購入方法について

ハーブを販売しているショップは、都市部ではかなり見かけることができ、都内のハーブショップでは、店内で使用できるコーナーを設置しているところまであります。またハーブはインターネットでも購入できますので、近隣にショップがないような地方に住んでいる人でもハーブを入手できないということはなくなっています。
Read the rest of this entry »

非合法

ハーブとは言っても、これだけ取り沙汰されているものだから、使用・所持で捕まるのではないかと考えてしまう方もいるかもしれない。
ハーブは確かに安全性が確証されているものではないが、規制対象成分が使われていないものは所持も使用も非合法とはならない。
Read the rest of this entry »

お香タイプ

お香タイプというハーブは特にないが、ハーブの使い方としてはもっとも安全なもので、
販売する側もハーブはお香や観賞用として販売している(というか、それ以外の目的では販売できない)。
Read the rest of this entry »

ハーブを経口摂取(絶対禁止)

正常な心理状態ならとても考えられない使用方法だが、変なトリップの仕方をしたり、強い耐性がつくと経口摂取する輩も出てくることがあるようだ。
他の使用法も危険だが、これがいちばんやってはいけないものだ。急性の中毒を起こすと死に至る危険性だってもちろんある。
Read the rest of this entry »